ホームページ作成時に押さえておきたいポイント


ホームページの作成方法をどうするか

ホームページを作成する際に取る方法には二つあり、制作会社などに依頼することと自分で作成することになります。専門的な知識がなくても本格的なホームページを作りたい場合には、制作会社に依頼することは費用は掛かりますが確実です。HTMLやCSSといったプログラミング言語をある程度知っていたり、これから本格的に勉強していきたいといった場合は自分で作成することも選択肢の一つです。無料ブログなどを使わない限りは、レンタルサーバーや独自ドメインを取得したりしないといけないのでその維持費も計算しておく必要があります。

どのようなホームページにしたいのか決める

ホームページといっても様々なものがあり、ブログであったりネットショッピング形態であったりと違いがあります。まず自分がどのようなものを作りたいのか、それを決めておくことが重要です。そうすることによりデザインを考えやすくなり、基本となるものをイメージしやすくなります。ホームページのデザインは滞在率などに大きく関係するものであり、見やすく使いやすければそれだけ満足度も大きいです。満足度が大きければリピート率も上がるので、自分がいいと思うデザインでなく客観的に見て利用しやすいデザインにするようにしましょう。ターゲットとなるユーザー層の選定も重要であり、それをおろそかにしてしまうとホームページを作る意味がなくなってしまいます。どのような人を対象に作っているのか、それも忘れずに組み込んでいくことが大切です。

以前に比べて、ホームページ制作は簡単になりました。入力するだけでホームページが作成できる、無料のサイトも複数あります。

Next Article