ネットの効果は、良くも悪くも効果が倍増する!


効果が倍増してしまう心理的な内容について

ネットは、良い情報を伝えるためには便利な道具です。ただし、伝わるのは良い情報ばかりでは無く、もちろん悪い情報も広がってしまう可能性があります。炎上と呼ばれる様になると、個人では手の施しようがない場合もあるでしょう。人の心理の中には、自身にとって都合の良い内容として置き換えてしまう場合もあるのです。例えば、ブログなどでレストランで美味しくなかった情報は、空想を膨らます中で、美味しくない料理を出す店員は、性格が悪いと勝手に判断してしまう場合も現れやすくなります。実際にあった話しとして、ある女性が銀行の採用試験で上手くいかなかった話を友人と会話をしていました。「あの銀行だめだった」という話を、通りすがりの片耳で聞いた女性が、銀行が潰れると勘違いをしたのです。それが街中に広がる中、銀行からお金を降ろす人が殺到し、銀行が破綻する寸前まで行ったという話があります。炎上は、死活問題まで発展するのです。

ネットで炎上した後の対策について

普段から炎上しない様に、企業であればサービスの質を高めるのも大切でしょう。ただし、競合の企業が、炎上を目的に実際に無い情報を拡散させるかもしれません。ネットで炎上した場合は、対策を専門に扱っている業者に依頼するのが無難です。業者には、弁護士が付いている場合もあり、弁護士の力で発信源を削除してもらえる場合もあるためです。個人では、相手が必ず応じるとは限りません。検索エンジンに情報が残されている場合もあり、その削除も行ってくれるでしょう。

炎上対策についての提案は、不快感を与えない事。炎上する内容を控える事。相手に思いやりを持つ事。相手を否定しない事。上記の対策をすれば炎上防止になります。

Previous Article
Next Article