ホームページのデザインには芸術性はいらない


ホームページのデザインは芸術的である必要はない

ホームページのデザインで悩む人は、いいデザインにしようと頑張っている人が多いでしょう。芸術的であったり、他と差別できるデザインにしようと考えているのです。しかし、ホームページは芸術性を伝えるためのツールではないため、そこまでデザインにこだわる必要はないのです。逆に芸術的なデザインは、ビジネスを阻害する恐れすらあります。ホームページはあくまでもビジネスで利用するものですので、閲覧者が見やすいデザインを優先することが大事です。また、芸術的になってしまうと、なんのホームページか分からなくなる可能性もでてきます。そうならないようにデザインは見た人が簡単に理解できる方がいいでしょう。こだわって作ったホームページが失敗するのはそこが原因になっています。

ホームページはシンプルなデザインがいい

閲覧者が見たときに、見にくくて芸術性の高いホームページよりもシンプルだけど見やすいホームページの方が、ホームページとしては成功する可能性が高いです。閲覧者はホームページを開いてすぐに見るかどうかの判断をします。その時点で見にくいと思えば、閉じてしまいます。同様に欲しい情報が見つかるかどうかも閲覧者にとっては重要です。そう考えると、書いてある情報が目立つようにシンプルなデザインにしておくと、最後まで閲覧する確率が高いです。しかし、シンプルといっても単色のホームページでは味気ないし、見にくいかもしれません。重要なのは閲覧者が見やすいホームページなのです。さらにシンプルなデザインの目的は閲覧者が見たときに分かりやすいことです。そこを間違えないようにしましょう。

サイトの閲覧はスマホやタブレットからというユーザーが激増中です。そのとき、PC用サイトだと文字や絵が小さくて見づらいですが、レスポンシブデザインならデバイスによってレイアウトなどが自動で変更されます。

Previous Article
Next Article