意外と簡単に出来る?!ウェブ制作の手順とは


ウェブ制作の前の準備

ウェブ制作を本格的にする前には、まず目的を明確にします。目的を明確にするためにはウェブ制作をしてどのような効果を狙うのか、なぜサイトをオープンさせるのかをハッキリさせます。自分たちでウェブ制作をするときにはもちろんですが、外部に発注するときにもきちんと考えておかなければなりません。インターネット上で販売をする場合は売り上げをアップしたいのか、集客に力を入れたいのかでデザインや内容も変わってきます。また会社の紹介適度のサイトで構わない場合は作成する手間も掛からないので、コストや負担を考えるためにも目的は必ず明確にしておきましょう。

ウェブ制作の手順とは

ある程度準備をしたら、いよいよ制作です。サイト内で使う画像やテキストを集めて、華やかな印象になるように工夫します。サイトのイメージに合わせたデザインになるように、様々な素材を集めてその中から選ぶと失敗が少ないです。外部に発注するのか、専門家に頼むのかも考えます。著作権だけには気を付けて、画像やテキスト選びをしましょう。

画像やテキストが集まったら、コーティングです。プログラミング言語を使って、プログラムを組み立てるのです。考えたデザインをネット上で閲覧することが出来るようにCSSやHTMLなどの言語で、設計していきます。プログラムを作るためには専門的な知識は必要ですが、初心者のためのサービスを充実しているので、それらを利用すれば専門知識が無くても作成することは可能です。

公開するときには独自のドメインやサーバーを取得して、ファイルをアップロードすれば全世界に発信されます。

コンピューターの言語を用いてプログラムのコードを記述する作業をコーディングと呼びます。主にWEBデザインをブラウザ上で見える形にします。

Previous Article