自動化を進めよう!ナーチャリングの自動化とは?


ナーチャリングはコストパフォーマンスが心配

マーケティングの手法としてナーチャリングがよく注目されるようになりました。リード育成によって成約につなげるというのがナーチャリングの基本的な考え方で、かなりのコストを費やしてナーチャリングに取り組んでいる企業も増えています。しかし、ナーチャリングのコストパフォーマンスを計算したことがあるでしょうか。実はリードを大勢抱えているときほどナーチャリングにかかっているコストの割に売り上げが伸びていないことがよくあります。リード育成のためのフォローにはマンパワーがかなり必要になるので、人件費が売り上げよりも大きくなってしまっていることすらあるのです。この打開策として必要なのがマーケティングオートメーションです。

ナーチャリングを自動化しよう

マーケティングオートメーションのツールを使用することによってナーチャリングは自動化することができます。リードと継続的なコミュニケーションを取るためにはメールやメッセージを通して連絡をすることが必要です。そのメールやメッセージの送信を自動化し、常に意識を持ってもらえるようにすることができます。また、レスポンスがあったかどうかを解析することもできるため、リードの中でも特に力を注いでアプローチすべき人が誰なのかを選定することも可能です。本当に有力な候補にだけ人がアプローチし、他のリードについては自動化して対応すると効率が上がり、コストも削減できます。このようなツールを活用するのがナーチャリングのコストパフォーマンスを上げる方法です。

顧客情報の収集や営業施策の分析をおこなうのがマーケティングオートメーションです。またそれらの機能を自動化して実施することもできます。

Previous Article
Next Article