LED照明の寿命ってどれくらい?LED照明を長持ちさせる方法を知ろう


白熱電球や蛍光灯よりもLED照明の方が寿命は長い

白熱電球や蛍光灯に比べるとLED照明は寿命が長いと言えます。白熱電球の場合は1000時間から2000時間程度、蛍光灯の場合は6000時間から12000時間程度が寿命です。これに対してLED照明は40000時間から50000時間が寿命になっています。1日に8時間程度の点灯を行った場合であれば白熱電球では最大で250日程度しか持たないですが、LED照明であれば最大で17年程度の使用まで寿命が持つと考えられます。LED照明は熱や湿気に弱いという弱点を持っているため、使用する場所によっては寿命よりも早く照明が切れてしまうケースもあります。その弱点を理解した上でLED照明を使用することを心がけていれば、LED照明が長持ちするようになるでしょう。

LED照明を長持ちさせるには何処で使用するのが良いか

LED照明が長持ちしないのは、LED照明の弱点を考えずに使っているからでしょう。LED照明を長持ちさせたいのであれば、LED照明の弱点である湿気の多い部屋での取り付けは避けておくのが重要だと言えます。例えば浴室はお風呂やシャワーによる水の影響で湿気の多い部屋になりやすいという特徴があります。そのため浴室にLED照明を取り付けてしまうと、湿気によるダメージを受けてLED照明の消耗が激しくなってしまいます。湿気を避けるためにリビングや寝室のような風通しが良い部屋で使用するのが効果的です。

密閉器具対応商品は熱に対する対策が行われている

もう1つのLED照明の弱点が熱です。そのため密閉型のLED照明は熱がこもりやすく、消耗が激しいという弱点があります。この弱点への対応として密閉器具対応のLED照明が開発されています。密閉器具対応商品は熱を逃がせるようになっているので、熱の影響で寿命が短くなるリスクが下がります。

ledパネルは、耐用年数の長さや視認性の良さなどのメリットがあり、メーカーから一般家庭まで様々なところで重宝されています。

Previous Article
Next Article