ECサイト開発はどこに委託する?フリーランスの魅力とは!


基幹システムの開発は専門業者への委託が一般的

ECサイト開発を外部で行ってもらうときには専門業者への委託が選ばれるのが一般的です。プロのエンジニアやデザイナーなどを抱えているので信頼性が高く、クオリティーの高いECサイトを作り上げてくれると期待できるでしょう。ただ、専門業者への委託では納期が長くなりがちで、費用もかなり高い場合が多いのがデメリットです。ハイクオリティーのECサイトを作れるなら時間や費用はあまり気にしないという場合には問題がありませんが、やはりすぐにでも運用を開始したい、コストを削減したいと考えるのはもっともなことです。このようなときには専門業者へのECサイト開発の依頼はメリットが小さくなってしまいます。

フリーランスに委託することも可能

専門業者への委託とは別の候補としてフリーランスへの委託も行われるようになってきました。これは納期とコストの二つの問題を同時に解決できる可能性を秘めているからです。業者では多数のウェブ開発依頼を並行して請け負っていることが多いので納期が長くなってしまいます。しかし、フリーランスは一人で仕事をしているのが一般的で、あまり無理な数の案件を同時に請け負うことがありません。当面は依頼したウェブ開発に注力してくれるのが普通なので、開発スピードがかなり速い傾向があります。費用も業者ほどの信頼性がないと言われている状況があるため、比較的安くなっているのが現状です。コストパフォーマンスを考えるとかなり高いことも多いので、フリーランスへの委託も検討してみましょう。

基幹システムは、企業内の重要情報を管理したり、セキュリティ対策を行ったりするうえで不可欠なものといえます。

Previous Article
Next Article